×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

一般家庭における放射線の正しい測り方

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故から半年以上が経過し、原発付近の南相馬市や飯館村以外でも高い放射線が計測される『ホットスポット』が次々と出てきている。

例えば関東では、神奈川県横浜市や川崎市、東京都葛飾区・足立区、千葉県柏市、茨城県南部などで通常より高い放射線が計測され、ホットスポットとしてテレビや新聞などのマスコミが報じた。

今後も原子力発電所の復旧目処が立たない限り、上記の地域以外でもホットスポットが出てくる可能性は捨てきれない。対岸の火事ではないのだ。

だが、もし自宅付近がホットスポットになってしまった場合にどうすれば良いのだろうか? 自治体などが測定して安全確認する、または除染してくれないうちは、非常に不安になることだろう。

そんな時に自分で放射線を測定し、正しい除染の方法を取ればもし自宅に放射性物質がたまってしまっていたとしても、6~7割程度は放射線の数値を下げることが出来る。適当にやるだけでは3割も落ちない場合が多い。

今回は実際に1986年のロシア・チェルノブイリ原発事故により汚染されたウクライナの原子力発電所安全問題研究所で放射線測定や除染を行っていたチームの、放射線測定・除染方法のコツをお伝えします。

1.横2m、高さ5cm・1m単位で計測する
もし自宅が汚染されていた場合、まずはどこに放射性物質が残留しているかを調べる必要がある。そのため、庭やリビングなど全ての場所で横2m、高さ5cm・1mおきにガイガーカウンターで測定しなければならない。

例えば庭に落ちていた落ち葉に残留していた場合は落ち葉を捨てたり、表土から放射線が検出された場合は土を削るなどの方法を取る。もし庭木から検出されてしまった場合は残念ながら切るしかないようだ。

2.高いところでも放射性物質が計測される場合があることを忘れない
一般の感覚だと、セシウムなどは土などに吸着されるので地面の方が高い線量の場合が多いと考えがちだが、実は家の屋根などからも放射性物質が計測される場合がある。

屋根がツルツルした水を吸収しない素材の場合は比較的計測されないようだが、コンクリートなどの水を吸収する素材は水と共に放射性物質を吸収し、汚染されてしまうのだ。この場合は除染が相当難しい。

こちらのケースは実際に南相馬市の2階部分がそのまま屋根になっているタイプの住宅であり、1階は問題無かったのだが、屋根が汚染され高い放射線を放っていたために家の2階部へ入ることが出来なくなった。

3.測定・除染は昼に行う
夜は視界が悪い場合が多いので、昼に測定をした方が良い。なぜならば家の側溝付近を計測していた場合などに誤って落ちてしまい、事故になったり側溝の放射性物質が残留している部分に落ちて被ばくする可能性があるからだ。

これは当たり前の話かもしれないが出来るだけスムーズに計測できるのはもちろん、もし近隣がホットスポットになった場合それだけで通常より高い線量に晒されているわけだから、なるべく被ばくしないようにするべき。

また、除染についても大体1つの家を手慣れた人間8人で除染作業をした場合、大体30時間ほどかかるという。万が一汚染されてしまった場合は、残念ながら毎日コツコツと自分で除染するか業者に頼むしかないのだ。

4.信頼性のある放射線測定器を使う
ガイガーカウンターは、GM管と呼ばれる部品により放射線を測定する。GM管が無いガイガーカウンターは詐欺なので絶対買わないように。このGM管が大きく、本数が多いほど正確で素早く放射線が測定できるので、必ずそれを確認しよう。

原発事故後はほとんどのショップでガイガーカウンターが売り切れる事態となっていたが、現在は高性能なものでも比較的安価で入手ができるようだ。

例えば福島県南相馬市で採用され、数百台導入されたタイプのものは、ウクライナのmerydian社製ガイガーカウンター『Pripyat』(プリピャチ)。これには2本のGM管が使われており、正確に1つの地点を20秒ほどで計測できる。

正しい計測・除染をするには2メートル毎に2つの高さを測定しなければならないのだから、精度はもちろんのことスピードも非常に大事な部分である。

5.放射性物質がたまりやすい場所を覚える
放射性物質は風や雨水で運ばれていく。つまり、ふきだまりになっている位置や水がたまる・吸収する部分をまずは疑おう。具体的には「塀、庭木、落ち葉、木壁、土庭、粘土」などである。

現在南相馬市では『除染研究会』が設立され、かなり住宅地や小学校・幼稚園などの除染が進んでいる。それは原発からかなり離れた郡山などよりも測定される放射性物質が低いことから分かる。

遠くの郡山などへ避難した人も多いようだが、除染研究会の活躍により原発に近い南相馬市の方が郡山より線量が低い場合も多々あるので、戻った方が放射性物質を浴びなくてすむかもしれない。

もし自宅付近が『ホットスポット』になってしまったとしても正しい除染をすればそれだけ結果は出るのだから、今後は他の地域や家庭でも更に放射能への知識を深めて、万が一の事態に備えた方が良いだろう。

防災グッズ・防災用品

防犯グッズ

介護グッズ・福祉用具

商品検索

カートに入れる

「e防災生活館」サイト運営者

ご来店ありがとうございます。

防災用品の準備、地震に備えた防災グッズ対策は万全ですか?地震や災害時に必要となる防災用品を取り揃える防災グッズインターネット通販専門店です。いざという時の備えに!災害発生時の放射能対策、除染、非常用、緊急、災害、救急、避難、防炎、地震、耐震、火災報知器、震災、消火、台風、洪水、停電、津波、発電機、ソーラーパネル、太陽光発電等の防災グッズから日頃から節約、エコ、節電グッズ、セキュリティ、護身グッズ、癒し、サバイバル、アウトドア、キャンプ用品、ペット用品、ファッション、カジュアル、交通安全、自動車、事故、盗難、空き家、空き巣対策等常備しておきたい非常品アイテムまで取り揃えております。誕生日、記念日、贈り物・プレゼントに。また、ノベルティ・ギフト・販促品にも口コミ効果、評判充分です。


税込8000円以上の注文で全国宅配送料無料。忙しい時でもネットでスピーディーに買えて便利です。備えて安心!おすすめ防犯・防災・介護グッズの商品をお探しなら防災グッズ・防犯・介護グッズ通販専門店「e防災生活館」365日・毎日が特売日・法人・一般家庭・団体・業務用通販店です。被災地の茨城県より運営しております。備えあれば憂いなし。身を守るために!家族や大切な人を守る為に防災用品の備えはとても大切です!最新ニュース、速報の入荷情報やお買い得値下げ情報を提供。ホームセンター、ディスカウントショップ、Yahoo!ショッピング、楽天市場よりも格安割引価格販売にて挑戦中。

 

携帯電話、スマホ、iPhoneからご購入も可能です。忙しい時や通勤中、移動先でもモバイルでスピーディーにご購入できます。

 

防災グッズ・防犯・介護用品通販専門店「e防災生活館」

http://bousaikan.ho-zuki.com/


運営会社「ヤマザキeショップ」

http://www.yamazaki-e.com/

住所 茨城県龍ヶ崎市新町4520

ヤマザキeショップは「Amazon.co.jp」出店参加サイトです。


ヤマザキeショップは「Yahoo!ショッピング」出店参加サイトです。


ヤマザキeショップは「楽天市場」出店参加サイトです。


防災基礎知識・商品情報

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

株式会社もしもショッピング加盟店
(配送名義・株式会社もしも)

対応地区「ネットで全国対応」

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,横浜市,東京都,神奈川県,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,新潟,長野,山梨,岐阜,石川,富山,福井,大阪府,京都府,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄県
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

相互リンク

BBS7.COM
MENURNDNEXT
ネットショップ検索
相互リンク集 相互リンクによるアクセスアップのための自動相互リンク集です。